Canon厨による入門用ミラーレス一眼の話(解説編)

逆になんでCanon買わんの?(宣戦布告)

Gachik0iky0riだよ。写真いいよね写真。

今やデジタルカメラがすっかり普及しきって、スマンホホにすら高精度カメラが付いている時代。ガラケーの頃と比べたら画質も相当良くなったよね。
きれいな風景、おしゃれな料理、野生動物との邂逅……そういうものをサッと撮って確認、そしてすぐSNSに投稿なんてことが当たり前になっているのは本当に凄い。

でもだ、スマーホホンで撮った写真をじっくり眺めたことがある人なら気づいているはず……そう、画像は細かいんだけど、全体的にのっぺりしてて抑揚がないというか……
壁紙用などで配布されてる、ちゃんとした写真と比べてみれば違いは明らかだよね。『作品としての写真』を撮るにはンホスーマホのカメラは性能不足なんだ。まあ、基本的にオマケだからね。

写真用カメラの世界はスホン全盛期の今でも栄えているし、プロの写真家は高額な機材を大量に抱えて写真を撮っている。画質は底なし沼で、カメラにハマって散財する人も数多い。
写りのいい写真を撮るのは難しい……と思うかもしれないが、実は10万円程度で『プロ並みの写真が撮れるカメラ』は手に入る。もちろん高級機材より制約はあるけどね。

この記事では、『現実的な価格で美しい写真を撮る』ことを目指した紹介をするよ。もし金に糸目をつけないのであれば、初めから最高クラスのカメラを買うことをおすすめする。
残念ながら、紹介する入門機用のラインナップは最上位の製品とは互換性がないから、後々乗り換えようとすると2機持つことになるからね。まあ、サブカメラにしちゃえばいいんだけど。

基礎のお話:一眼レフ・ミラーレス、コンデジ

時代はミラーレス。いやマジ。

デジカメと言っても売り場には色々並んでいるね。でも、大きく分ければ3種類しかないんだ。しっかり説明すると長くなるので、雑に説明する。怒らないで。

まずはコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)から。
コンデジは、レンズ・センサー・その他諸々が全部くっついてるカメラだ。マンホーホに一番近いカメラだね。
利点はとにかく小さくて取り回しがいいこと。ただ、拡張性がなく、画質もンーとあまり大差ないという欠点がある。
最近のーホホ側が進歩しすぎなんだけど……撮りやすさ重視で画質はあまり期待できない。これじゃダメだ。

プロの使っているカメラはほぼ全て、一眼というレンズ交換式のカメラになる。
レンズを取り替えることで、すぐ側の猫も、広大な風景も、特化型のレンズで撮ることができるってことだね。別に『できる』だけで、汎用型のレンズをハメっぱなしにしてもいい。

一眼には従来型のレフ(レフレックス)と新しめのミラーレスの2種類がある。
レフ EOS-Kiss X9i Canon公式より

ミラーレス EOS-M100 Canon公式より

この2つの違いは単純で、レンズから入ってきた光を、光のまま生で確認する装置が付いているか否かなんだ。
言わばレフは機械仕掛けで、ミラーレスは全部デジタルで出来てるってことなんだけど、詳しく知りたければ別で検索してみてほしい。

それで、ミラーレスはその装置を外してしまったので、シンプルな構成のカメラが多くて、同じ性能のレフより小型で、かつ安価なことが魅力だね。
そのまま使えるのは専用レンズだけという欠点もあるが、十分なラインナップがあるし、少々重くなるけどアダプターを使えばレフ用レンズも使えないことはないので安心して。

一方のレフ側は従来式のカメラだから、多数の製品が発売されているね。いい機能を積んでいるカメラが多いけど、その分当然高い
飛んでいる鳥やスポーツのシーンをバッチリ撮る!とかならレフの機能に頼りたいところ。まあ、ミラーレスでもそういうのを売りにしてる製品はあるけど、当然高いので……

レフとミラーレスどちらが優れているか?っていう議論は正直宗教の域なので、あくまで『安価に高画質が出せるカメラを手に入れる』という目的であればミラーレスが適しているというところで話を終わりにしたい。私はミラーレス唯一神派。

センサーサイズはデカいほどいい、女の子と同じだね

身長の話だぞ(長身好き)

画質はいろいろな要素が関わってくるんだけど、とりあえずカメラのボディ側で、絶対に変えられない要素としてセンサーサイズがある。
センサーサイズが大きいほど、同じ画素数でもより高精度な画像が得られる。そして重要なのが、ボカしなどの効果が得やすくなる。これマジで大事。
細かい説明はこれまた長くなるので省くけど、とにかく1画素あたり広い面積で光を受け取れることが大正義なんだ。あと、小さいセンサーでも画素数が多いものがあるが、画素数が多いから画質がいいってわけじゃない。騙されるな。

画像:Travel_Photo様より

で、センサーサイズにも種類がいくつもあって、主流のもので大きい方から順に、フルサイズ・APS-C・フォーサーズ、そして高級コンデジの1型に、コンデジやスーホ用の1/2.3型が続く。
検索すれば比較画像があるけど、唖然とするほどサイズ差がある。じゃあフルサイズ買えばいいじゃーん!wって思うかもしれないが、フルサイズはとにかくお高い!(ミラーレス最小構成で40万コース)。2番手のAPS-Cを選ぶのが、コスパ的に無難であろう。最小構成なら7~8万円で手に入る。ちなみにプロもサブにAPS-C使ってること多いし、画質は十分すぎるほど良好。

というわけで今回はAPS-Cのミラーレスを選ぼう!ということになるわけだが、そもそもAPS-C以上のエントリーミラーレスを出してるメーカーは、CanonとSonyの実質2択状態。富士フィルム?あ ほ く さ(宗教戦争)
それぞれのボディの性能差はもちろん、メーカーごとにレンズのラインナップが違うので(というかこっちの方が重要!)、色々と調べ上げた上で総合的に判断することになるだろう、ということで……

各社ラインナップ比較編へ……

というわけで次回はCanonとSonyの製品のうち、どれを選ぶべきか?を解説しよう。
はい。次回があるかわからないので、結論だけ先に書いておくと、Sonyはフルサイズ路線に行っちゃってAPS-Cを放置してるので、最近やる気あるCanonのカメラを買おう!
特にEOS-M100やEOS-KissMとEF-22mm F2をセットで購入するのがマジで神がかり的におすすめなので参考にしてほしい。レンズ保護フィルターなどの周辺機器も忘れず、そこそこいいやつを買おうね。以上。あとは任せたGoogle先生!

作例とか






EOS-M100で撮った写真(多分22mm)を数枚貼っておいてあるので、ご参考に。
お前偉そうに語っといて写真ヘッタクソじゃんwwwwwとか言われたら俺が憤死します。一理あるわ……
幅1920なので壁紙にもいいんじゃない?(適当)どうせ使わなかった写真だし転載しなければご自由にどうぞ。