Robocraft Update 15th March 2019 Patch Notes – 翻訳

※パッチノート部分のみの翻訳となります

変更点

  • パーツのRobot Ranking値を調整
    • T4パーツの1CPUあたりのRRを500から1,000に調整
    • T5パーツの1CPUあたりのRRを2,500から10,000に調整
    • T4機体の上限RRを875,000から1,750,000に調整
    • T5機体の下限RRは1,750,001になります
  • 武器アップグレード時のバナーを読みやすくするため、表示時間をわずかに伸ばしました
  • 武器の性能向上をわかりやすくするため、武器アップグレード後は次に武器を入れ替えるまで、新しい数値が緑色でハイライト表示されるようになりました
  • プレーヤーランクアップ時のバナーのAFX(SFX?)がわずかに長くなりました
  • フレームレートを改善するため、T3のキャンペーンモードにおける敵のスポーン数を調整しました
  • Strut Short Diagonal 2Dの重量を60Kgに、Strut Diagonal 2Dの重量を90Kgに変更しました
  • 機体情報パネルでアップグレード可能な武器の表示を改善しました

追加点

  • 機体情報パネルのランク・力ゲージにアイコンを追加しました
  • ランク・力ゲージに新しいビジュアルエフェクトを追加しました

修正点

  • ガレージスキンを適用した状態のBody Builder画面で発生するカメラの不具合を修正
  • 試合ローディング画面が21:9アスペクト比ディスプレイでレイアウトが崩れる問題を修正
  • 武器アップグレード画面で選択した画質が使用されない不具合を修正
  • Steamのブロンズランク到達実績が解除されない不具合を修正
  • 武器アップグレード時のバナー表示中に画面を切り替えるとバナーが消えなくなる不具合を修正
  • チャレンジモードのバッジ獲得画面で以上に解像度の低い画像が使用されていた問題を修正
  • 武器アップグレード画面の光源エフェクトを修正
  • 試合中に設定画面から変更した言語が適用されない不具合を修正
  • 保留中の武器アップグレードのアニメーションが2回目の武器アップグレード画面表示以降も再生されてしまう問題を修正
  • Editモードでガレージをアップグレードすると、その後一切のロードアウトの変更が保存・表示されなくなる不具合を修正

前回のアップデートで適用されていなかった変更

  • 全武器パーツの1CPUあたりの重量を4Kgに統一 – 例えばT0 Laserは40Kgに、T5 Laserは1000Kgになります