Theme
↑Back to Home

meta編成-1 ムーブメントの基礎

闇雲に思いつきで編成案を増やしても仕方ないため、
最低限検証するに値する編成案を導きだせるよう、
5/1現在の共有しておきたい個人的な知見をできる限り体系的に述べる。
クッッッッッッッソ長いので数記事に分けるが最悪10くらいになりそう()

前置き

・速度
攻めと逃げの権利と言い換えることができる。
敵機より早ければ好きなときに追撃できるし、
危なくなればデスを回避する主導権を握ることができる。
BAにおいては戦闘の結果に留まらず、
戦闘もcapもしない移動時間の空白を削り稼働効率を底上げできる。

・キーコンとカメコン
まず、meta編成では原則カメコンしか採用されない。
ムーブメントの性能とは射線を切る効率のことである。
速度さえあればいいというものではなく、
BAでは任意の位置に戦力を配置できることが重要で、
その場で射線を切り味方と一緒にいることに意義がある。
ほとんどの時間をヒットアンドアウェイのために費やすので稼働効率も悪く、
余程の理由がなければキーコンの採用に至ることはない。

ホバ

内蔵されているので実質の耐久が高い、速い、小回りがきく。
トップメタ。まずこれが使えるかどうかから考えなければならない。

コプ

速度上昇、ホバ下駄死亡とプラ台頭で突如人権を得た耐久ヘナチョコクソデカムーブメント。
プラのせいでいやいや使わされている。
コプ機と打ち合う際は武器よりも優先して狙うと3次元的退路を奪えて効果的な場合が多い。

スプ脚

速いが大味な設計になる。
プラに弱い。
1機投入するとマップによってはホバコプに対してキャプ戦で有利取れる説が自分の中にある。

ホイール

直線番長。取り回しが悪い。

直線番長2。
上から叩ける。
稀にミサ羽が強いと感じるケースがあるが、
これは野良戦一人では撃ち落とす前に逃げ切られるからであって、
小隊戦で4人5人見てるとなればすぐ溶かせる。
対空薄めの野良相手であれば足の速さで無理矢理数有利を作れるために性能を買い被りやすい。
一般に羽機は野良で強く小隊戦で弱くなりやすい。

キャタ

デカいゴミ。

メカ脚

遅いゴミ。

スキー

速いゴミ…だったが急に動力を得た。なんで?
ホイールと役割が被る

無視脚

Share on Twitter