Theme
↑Back to Home

Robocraft 2014 in 2019

2015年に始めました

Project Prime、Procelio、Project RCR(企画途中)に続くまた新たなロボクラクラフト企画の「The Robocraft Project」の紹介。

The Robocraft Projectは2014年10月のRise Of The Walkersアップデートから3番目のマイナーアップデートが行われた当時のゲームクライアントを、そのまま独自のサーバーでホストさせようというプロジェクトです。

現時点では既にアカウント作成からログイン認証あたりまでの処理を再現できているらしく、マルチプレイはまだ出来ませんがプラクティスモードは自由に遊ぶことができます。

また、アカウントの作成時点で全パーツが開発済みになっているので、T1からT10までの機体を最初から作ることができます。

私は2015年の3月、ちょうどメガボットの実装あたりから始めたクソ新参ですが、ビジュアル的にはエンジンがUnity4からUnity5に変わったFull Spectrum Combatよりも前にプレイし始めた人であれば、誰でも当時のノスタルジーに浸ることができると思います。

The Robocraft ProjectのDiscordはこちら

インストール手順

基本は公式Discordの説明内容とほとんど同じですが、自分が陥ったハマりポイントも含めて。

当時のゲームファイルを入手する

Steamには過去のゲームファイルがダウンロードできる機能があるみたいです。Steamがインストール済みなら、このリンクをクリックしてSteamのコンソールを開きます。

コンソールの入力欄に以下のコマンドを入力してダウンロードしましょう。インストール済みのRobocraftは上書きされません。

Windows:
download_depot 301520 301521 5918427949166440916
Mac:
download_depot 301520 301522 3380497498086297522
Linux:
download_depot 301520 301523 289195762316184117

ダウンロードサイズは221MBほど。古いバージョンのアーカイブをダウンロードするため、ダウンロード速度はやや制限されている(?)ようです。ダウンロードの進捗表示はありませんが、完了するとこのようなメッセージが表示されるはずです。

赤い枠で囲われた部分に、ダウンロードしたゲームファイルの保存先が表示されています。ダウンロード先をエクスプローラー(MacはFinder)で表示しdepot_301521(Macはdepot_301522、Linuxはdepot_ 301523)というフォルダを、デスクトップなどに移動しておきます。フォルダの名前は変更しても問題ありませんが、ここからは便宜上このフォルダをdepotフォルダと呼びます。

バッチファイルのダウンロード

The Robocraft Project(以下TRP)は、当時の公式ゲームクライアントは一切改変せずに、サーバーのみを独自で実装するプロジェクトです。(クライアントの改変ができない理由は後述)

使用するサーバーをTRPの物に変更して起動するために、Windowsではバッチファイル、MacとLinuxではシェルスクリプトを使用します。

TRP公式Discord鯖の#linksチャンネルを開き、それぞれのOSに対応したものをダウンロードします。そしてdepotフォルダの中に、ダウンロードしたファイルを移動します。

これで起動の準備は整うはず。Windowsではbatファイルをそのままダブルクリックして起動します。Macの場合は(おそらくLinuxも)ターミナルを使用します。Launchpadなどからターミナルを起動して以下のコマンドを入力します。
7/6修正: #linksチャンネルにMac向けのRUN_ME_MAC.commandというファイルが追加されていました。この.commandファイルはWindowsのバッチファイルと同様にダブルクリックで実行可能できます。Linux向けには新しくRUN_ME_LINUX.shというファイルが追加されています。

sh ~/Desktop/depotフォルダの名前/RUN_ME.sh

上手く行けばゲームが起動し、ログイン画面が表示されるはず。その場合はそのままこの記事の次の見出しへ進んでください。

環境によっては上手くいかずに「ゲームのバージョンが古い」などといったダイアログが表示されると思います。もし「ゲームのバージョンが古い」という表示でログイン画面がグレーアウトしてしまう場合は、バッチファイルやシェルスクリプトがやっている処理を自力で行う必要があります。

このファイルは以下のようなことをやっています。

  1. インターネット接続を無効化
  2. TRPのサーバーを使用するオプションを付けてゲーム本体を起動
  3. インターネットに繋がっていないためバージョンチェックを回避できる
  4. 数秒後(ファイルを見る限り8秒後)に自動でインターネットに再接続する

要はこれを手動でやります。これも手順は公式Discordでも説明されています。

まずは再び公式Discordの#linksチャンネルからservenvnew.txtというファイルをダウンロードし、depotフォルダの中に移動してください。そしてバッチファイルの処理を以下のように手動で行います。

  1. 手動でインターネット接続を切る
  2. ゲーム本体をそのままダブルクリック(バッチファイルは使用しない)
  3. ゲーム本体と同じ場所にservenvnew.txtがある場合はその内容をゲームサーバーに設定してゲームが起動される
  4. インターネットに繋がっていないためバージョンチェックを回避できる
  5. 手動でインターネットに再接続する

私の場合はこれでバージョンチェックが原因のエラーは回避できました。それでも上手くいかない場合は公式Discordで聞いてみましょう。

アカウント登録

無事に起動できた場合はログイン画面が表示されますが、もちろんここに本家ロボクラのアカウントを入れてもログインはできません。なので専用のアカウントをここから作成しましょう。

あとは作成したアカウントでログインして・・・

やったぜ。

その他

  • マルチプレイは未実装。クライアントを改変できない以上、当時の公式の実装をほぼ完全に再現しなくてはいけないという高すぎるハードルが待っているが、色々と模索しているらしい
  • チャットはできるっぽい。追加ガレージは購入できない。ミラーモードは無い。
  • ロボクラの規約上ゲームクライアントの改変は一切不可能
  • TRPがFJに問い合わせた結果、やはり改変は認めてはくれなかったものの、プロジェクト自体に否定的というわけではなかった模様
  • クライアントを改変できないということはつまりゲームはほとんどアップデートできないということ。その時点のバージョンに残っているバグは直せないし、機能も追加できないし、バランス調整もできない。時は永遠に止まったままなのだ・・・
  • この当時のロボクラは32bitのため、32bitアプリのサポートを打ち切る次期macOS Catalinaでは実行すらできなくなる

終わり。

Share on Twitter