Theme
↑Back to Home

Zenfone6 これなんじゃないのか

イヤホンジャックいる(確固たる意思)

最近、スマホを探している。
今使っているXperia XZsの2年縛り契約がもうすぐ終了するからだ。

私shunoharaはソニーモバイルコミュニケーションズがソニーエリクソンだった時代からかれこれ8年ほどXperiaのスマートフォンを使い続けている。
特に深い理由はなく、ただ使い慣れているから。

XZsも悪い端末ではない。
5.2インチってギリギリ片手で画面全域をカバーできる上に持ちやすいし、ハイレゾ音源も再生できるし、カメラもそこそこ。
私は今流行りのデカくて丸いデザインより、iPhone5の頃のようにサイドが角張っている方が好きなので、その点でも気に入っている。

ただ2年落ち故、如何せん性能でガタが来ている。
私はスマホであまりゲームをしないので普通のアプリでサクサク動いてくれたらそれでいいのだが、Firefoxでブラウジング、Youtubeでの全画面再生、どれを取っても少しモッサリしてきたのは流石に気になる。

今もこの記事の一部をXperiaのFirefoxで執筆しているが、ボタン操作やタブ切替時に誤操作が目立つ。動作のラグのせいで画面の遷移が遅れ、突然出現するボタンや移動する画面で誤タップを起こすからである。

普段使いで困るのはいけない。ちょうど契約も切れるところなので新しい端末を探しているという寸法だ。


次世代Xperiaはどうなのか

長年のXperiaユーザーとしては、当然気になるのは次世代のXperiaスマホ、Xperia 1である。

有機ELディスプレイにトリプルカメラと流行りをしっかり取り入れたフラッグシップモデル。性能もSoCはお馴染みのSnapdragon855、RAMは6GBあり問題ない。21:9の横長サイズが特徴的。

正規価格は10万を超えるか超えないかという所で正直割高だが、Expansysとかだと8万前後で手に入るのか。

これかな、と思いながらスペック表を読み進めていくと。

「またか…」

最近よく経験する残念な表記がそこにはあった。

イヤホンジャックがないのである。


なんで無くすかな、イヤホンジャック

皆感じていないのだろうか?私だけ?

イヤホンジャックが無いということは、
①USB Type-Cなどの充電端子に対応したイヤホンを使う
②変換プラグを通して充電端子からミニプラグのイヤホンを使う
③ワイヤレスイヤホンを使う
この3つに方法が絞られるということだ。

①、②でイヤホンを指している間は、当然充電端子が塞がれるので充電が出来なくなる。言うまでもなく不便…

ワイヤレス充電すればいいじゃないかって?外出先では使えない。何より現行の充電速度には不満が残る。

なに、二股ケーブル?
この世にスマホから伸びた二股ケーブルほどダサいものがあるかね???

③については、外出先ではむしろこちらの方が便利だが、室内でYoutubeを見るなど長時間使用する時、ワイヤレスイヤホンの充電に視聴を中断されるのは困る。

第一私はワイヤレスより有線のイヤホンやヘッドホンを多く所有しているのでそちらを活用したい。それも②を使わないと叶わなくなる。

このように、イヤホンジャックの消滅は私にとってかなり不便である事がお分かりいただけると思う。

イヤホンジャック無くすのは世の中からミニプラグのイヤホンが姿を消して「レガシーデバイス」と呼ばれるようになる頃でも遅くないんじゃないか?

ユーザーがメーカーに合わせる、着いていくというのはあまり良くないムーブメントに思える。


超合理的なトレードオフ

コスパのおかしい端末を作り続けるXiaomi、Oppoなど中華勢、こちらもイヤホンジャックは見受けられない。当然iPhone 11もだ。そもそもイヤホンジャック消滅のムーブメントを作ったのはこいつ

あれでもない、これでもないとAndroidスマホを探し続け、ふとある動画に辿り着いた。

ASUSのZenfone6

今年の8月に発売された(準)最新機種だが、SoCはSnapdragon855、RAMは6GB/8GBで全く申し分無い。8GBってもうPCじゃん(口癖)

だが、問題はそこではない。
この端末、イヤホンジャックを搭載しているのである。

イヤホンジャックを!!!搭載しているのである!!!

ジャックのために下のベゼルが若干目立つとか、そんな事はどうでもいい。デザインの為に実用性を犠牲にしてどうする。

面白いのはメインカメラが回転して内カメとして機能する事だ。耐久面で少し気になるが、非常に合理的だと思う。
むしろ内側の為に画質の劣るカメラをもうひとつつけるよりよっぽどマシなんじゃない?と思えてくる。

またカメラの回転角度が自由に変更できる。これにより極めてローアングルな写真なども楽な姿勢で撮れるという。
デジカメでいう逆チルト液晶みたいな事が出来るのだ。

ディスプレイは流行りの4Kとか有機ELではなくフルHDより少し大きい液晶だが、これも個人的には問題ない。有機ELは光量や焼き付きが気になるし。技術の成熟しきった液晶は充分綺麗に映る。

バッテリー容量が5000mAhというのも魅力的だ。

気になる価格だが、6GBモデルは7万を切ってくる。8GBモデルは77000くらい。

…買いでは?


テルミーオススメ

トリプルカメラではなくダブルカメラだったり、有機ELではなく液晶だったり、ワイヤレス充電非対応だったり。
しかしイヤホンジャックや大容量のバッテリーはしっかり搭載。

Zenfoneは流行りに流されず要る機能、要らない機能のトレードオフをちゃんと分かってコストを抑えているイメージだ。
自分の中ではほぼこれなんじゃないかと固まっている所なのだが…

以下の条件でこんなオススメAndroidスマホがあるぜって方はBeeHiveサーバー、#bh_denki_supportチャンネルまで是非。

・イヤホンジャック有
・急速充電可
・指紋認証有
・ミドルハイ以上のSoCとRAM

-おわり-

Share on Twitter